Homebrew を使って macOS に音声解析エンジン Julius をインストールします。

前提

OS X 用のパッケージ管理ツール Homebrew がインストールされている必要がある。

インストール方法 はこちらを 参照。

インストール

デフォルトの Homebrew リポジトリに Julius は含まれていないので 、homebrew-nlp を tap する。

$ brew tap uetchy/nlp

Tap し終わったら、juliusjulius-dictation-kitをインストールする。

$ brew install julius julius-dictation-kit

これで Julius と Julius ディクテーションキットがインストールされた。

ディクテーションキットの場所は brew --prefix julius-dictation-kit コマンドで調 べられる。

後は、上記の brew --prefix コマンドでディクテーションキット内の main.jconfam-gmm.jconf のパスを調べて julius に渡すことで音声認識が出来るようにな る。

$ julius \
  -C `brew --prefix julius-dictation-kit`/share/main.jconf \
  -C `brew --prefix julius-dictation-kit`/share/am-gmm.jconf

上記のコマンドで Julius は GMM モードで待機状態になり、喋った内容をリアルタイム で音声認識してくれるようになる。

Julius をより精密な DNN モードで起動したい場合は以下のように、am-gmm.jconfam-dnn.jconf に変更するだけだ。

$ julius \
  -C `brew --prefix julius-dictation-kit`/share/main.jconf \
  -C `brew --prefix julius-dictation-kit`/share/am-dnn.jconf

ディクテーションキットに関するドキュメントは下記のコマンドから参照可能だ。

$ open `brew --prefix julius-dictation-kit`/share/doc

実行中の様子

s1.png