コードを書いている時に、ストックしておいたQiitaの記事を検索したくなるシーンが最近増えてきた気がする。

そこで、以前作ったQiitaの記事をインクリメンタルサーチするAlfred 2 Workflowに、ストックした投稿を検索するコマンドを追加した。

s1.png

Githubリポジトリからダウンロード

使い方

  1. qiita setup <username> <password>でQiitaのアクセストークンを取得
  2. qiita stocks <query>でストックした記事の検索
  3. qiita search <query>で普通の検索

まとめ

今度はRubyで書きなおして日本語も受け付けるように修正したので、需要はともかく個人的にかなり使いやすくなった気がする。

なお、このWorkflowはRuby 2.0.xで動作するので必然的にOS X Mavericksが必要になってくる。 Ruby 1.9.xでも動作するように書きなおしたので古いOS Xでも動くようになった。