日本語係り受け解析器CaboChaのRubyバインディング cabocha-ruby をリリースした。とは言っても 公式 のSWIGバインディングをベースにしたものだ。

導入

gem install cabocha

でインストール出来る。

cabocha-ruby をインストールする前に、CaboCha をbrew install cabochaかなんかでインストールしておかないとmakeが失敗するので注意すること。

使う

requireする時はrequire "cabocha"require "CaboCha"、どちらを使っても正しい。

require "cabocha"

parser = CaboCha::Parser.new
tree = parser.parse("太郎は次郎に本を貸した")

p tree

これまでソースコードをダウンロードしruby extconf.rb && make installしていたのが、これからはgem install cabochaで済むようになる。

バグを見つけたら Pull request を送ってほしい。