MacPro Early 2008 という骨董品にNVIDIA Titan X (Maxwell)を積んだところ、いくつかの問題にぶつかりました。この記事でそれらの問題と解決策について書きます。

NVIDIAドライバーが非対応

あまりにも古いアーキテクチャのMacProに対してNVIDIAのグラフィックドライバーが対応していません。 そこで、適切なバージョンのNVIDIA Web Driverをインストールすることでこれを解決しました。 これには問題もあります。macOSのアップデートをインストールするたびに、それに対応したドライバーを都度インストールする必要がありました。

ドライバーをインストールするまでは画面に何も映りません。そこで、pkg形式のドライバーをscpでMacProに転送して、installerを使ってドライバーをインストールすることにしました。

scp driver.pkg MacPro.local:~
ssh MacPro.local
sudo installer -pkg ./driver.pkg -target /

電源ユニット(PSU)のパワー不足

TITAN X(Maxwell)が要求するパワーをMacProのPSUは提供することが出来ません。 そこで、秋葉原のPCパーツショップで追加のPSUを購入して、GPU専用の電源として使いました。 ここで新たな問題が生まれます。正しくパワーを提供するためにはMacProのPSUと追加のPSUを同期させる必要があり、またそれを実現するパーツもあるのですが、場合によってはGPUを破損してしまう危険性がありました。 今回は電源を同期することは見送り、個別にスイッチを入れることで解決しました。