EARIN M-2は全体的に見てEARINの正統進化系と言って良い。 タッチ操作による再生コントロールや通話中のアクティブノイズリダクション、イヤホンの左右を区別しないインターフェースは洗練されており使いやすい。

一方で欠点が無いわけでは無い。EARIN M-2は初代同様いくつかの点においてストイックな使い方をユーザーに要求する。

特にペアリングと、ペアリング後の内部挙動を理解することがスムーズな操作のために必要になってくる。そこで、バグ報告のついでにEARIN社から聞いた情報を書き留めておく。

EARIN M-2の接続フロー

EARIN M-2の接続フローは以下の通りである。

  1. ケースからEARIN(単体)が取り出されると電源が入り、デバイスを探して接続する
  2. デバイスとの接続が完了すると、デバイスに他のEARINが既に接続されているかを確認する
  3. 既に他のEARINが接続されていた場合、自身の接続を解除し、既に接続されているEARINにNFMI(近距離磁界誘導)で接続し直し、以後クライアントとして振る舞う
  4. 他のEARINが接続されていなかった場合、マスターとして振る舞う。デバイスから送られてくる音声信号を、(もしクライアントが存在する場合)クライアントにNFMI経由でリレーする

以上のフローを最初に実行するため、ケースから取り出したイヤホンを素早く両耳に装着した際に、最初片耳からしか音楽が聞こえないのは仕様である。NFMI接続が確立すると両耳から流れるようになる。

ちなみに左右のイヤホンのどちらがマスターか知りたければ、音楽を再生しながら片方のイヤホンを耳から外すことでわかる。もし、まだつけている方のイヤホンの音楽が止まれば外した方がマスターであり、音楽が鳴り続けていたら耳につけている方がマスターである。

イヤーチップ

EARIN M-2付属のイヤーチップが耳に合わず、遮音性が低かったため替わりのチップを探した。 内筒の直径を測ると5mmだったので、同じ内径のComply Ts-500を装着したところ、遮音性もフィット感も最高になった。

バッテリー

電力消費量が左右非対称なので、マスターのバッテリーが先に無くなる。その結果音楽が途切れるが、今までクライアントだったもう片方のイヤホンがすぐさまマスターとして振る舞うようになるので、片耳で音楽を聞き続ける猶予が少しだけある。

ノイズ

現行品の不具合で、クライアント側に微細なホワイトノイズが乗っていることがある。 今週末にAndroid向けのファームウェアアップデートが出るらしい。iOS向けは2週間後になるようだ。 アップデートでこの問題が修正されるかわからないが、もし問題が続く場合、本社に送れば修理してくれるそうなので気になっている人はサポートに連絡を取ろう。