Cover

Ruby で書かれている Alfred Qiita Workflowバグ修正のついでに Go で書き直した。

Qiita API v2 に対応し、ユーザー名とパスワードの代わりとして、Personal Access Tokenを使い始めた。

これで、ストックした記事や自分で書いた記事を検索することがより気軽に出来る。

Alfred に返却する XML の生成にはgo-alfredというライブラリを利用した。

go-qiita

Alfred Qiita Workflow の API クライアント部分を切り出して go-qiita としてリリースした。Workflow で必要だった部分しか実装してないが、記事の検索など基本的なことは出来る。

設計は Google の go-github を参考にしている。クライアントの初期化時に、以下のように http.Client 互換の Interface を渡してやれば、それを経由して通信するようになっている。

// Personal Access Tokenを使ったOAuth2クライアントを作る
ts := oauth2.StaticTokenSource(&oauth2.Token{AccessToken: "personal access token"})
tc := oauth2.NewClient(oauth2.NoContext, ts)

// OAuth2クライアントをgo-qiitaに引き渡す
client := qiita.NewClient(tc)

// 今までに書いた記事を取得
items, _, _ := client.AuthenticatedUser.Items()

このようにすることで、API クライアントは認証系を気にせず API サーバーとのやりとりを考えることが出来る。このやり方はかなりスマートだと思うのでもっと流行って欲しい。

ちなみに認証をしない場合はNewClient()nilを渡せばよい。

client := qiita.NewClient(nil)