の複素行列の転置を取り、複素共軛をとった行列を随伴行列あるいはエルミート共軛という。

表記には方言がありなどのバリエーションがある。

エルミート行列

複素数を成分に持つ正方行列があったとして、その行列 A の随伴行列と等しい場合、行列をエルミート行列という。