生活にオートメーションを上手く取り入れ、本当にやりたいことに集中できる環境をつくりましょう。

洗濯の自動化

Panasonic のドラム洗濯乾燥機を使っています。威力を最大限に享受するため、タンブラー乾燥向けの普段着を揃えておくことも重要です。

洗剤は粉と液体とが一体化したジェルボール洗剤が便利です。ドラムの底にひとつ置くだけでよく、計量する必要がありません。

食器洗いの自動化

Panasonic の一人暮らし用コンパクト食洗乾燥機を使っています。 洗濯機と同じく、食洗機専用のジェルボール洗剤を使えば計量する手間を省けます。

照明の自動化

Philips Hue はインターネット経由で明るさや色相をコントロールすることができる電球です。

  • 「家から離れたら消灯」
  • 「家に近付いたら点灯」
  • 「日が暮れたら暖色系に切り替える」
  • 「23 時になったら消灯」

など多様なルールを作ることができます。外の明るさに合わせて照明の明るさを調整して、概日リズムが崩れにくいようルールを決めています。

空調の自動化

Nature Remo でエアコンの操作を自動化しました。

  • 「湿度が高ければドライに変更」
  • 「家から離れたら電源オフ」
  • 「朝になったら冷房へ切り替え」

など多様なルールを作ることができます。

Nature Remo 自体はエアコン専用ではなく、赤外線で操作出来るデバイスであればなんでも操作できます。家ではテレビの電源・音量もこれで操作しています。

Nature Remo を NodeJS で操作するライブラリを作ったので触ってみてください。ライブラリ経由で温度・湿度・明度のセンサー値を取得したり、指定したモードにエアコンを切り替えることができます。

自動施錠・自動開錠

Qrio Lock をドアに取り付けることでオートロック・アンロックができるようになりました。

エントランスのドアに関しては、インターホンに Switch Bot を貼り付けて Shortcuts で解錠できるようにしておき、それを iPhone の背面トリプルタップで呼び出せるよう設定することでキーレスエントリー化しています。

ホームアシスタント

Raspberry Pi に Home Assistant をインストールし、スマート家電を取りまとめるアシスタントとして使っています。Nature Remo や Hue、Switch Bot に紐づいているデバイスを Home Assistant のアプリからまとめて操作できます。

Apple Home より柔軟な自動化ルールを作ることができ、例えば「朝になったら照明とエアコンをつける(気温が高くかつ誰かが家にいる場合のみ)」といった気の利いた自動化ができます。

睡眠記録の自動化

Withings 改め Nokia 改め Withings の Sleep を使っています。 寝るとき身体にウェアラブルデバイスを身につけたくないので、マットレスの下に敷いておくだけで自動計測してくれるのはありがたいです。

機能としては、入眠・起床検知、心拍数記録、睡眠深度解析、いびき検出等があります。

体重記録の自動化

Withings の Wi-Fi Scale を使っています。体重と体脂肪率、心拍数、BMI を Wi-Fi 経由でクラウドに自動記録し、アプリで推移を確認できます。

Wi-Fi Scale には CO2 センサーもついており、部屋の二酸化炭素濃度を記録してくれます。

オンラインスーパー

普段は業務スーパーを使いつつ、重くて量のある商品に関してはイトーヨーカドーのオンラインスーパーに頼っています。

お気に入りリストへ水、米、卵、かぼちゃなど毎回買うものを登録しておくことで、慣れれば 5 分程度で注文が完了します。あとは指定した時間に家へ商品を届けてくれます。

自動家計簿

Moneytree を使っています。支出を自動で食費、趣味、日用品などに仕分けてくれるため、使いすぎに気付きやすいです。無現金縛りプレイと相性が良いです。

気になる製品

ルンバ

絨毯を取り除くわけにもいかないので二の足を踏んでいます。ルンバについてはKainokiKaede's diaryの記事を読んでください。